黒髪の小顔効果

黒髪の小顔効果

小顔に見える髪の色というのは、実は黒です。茶髪のほうが何か美人に見えるような気がするので、何となくやっているという人もいると思いますが、茶髪にすると顔が大きく見えるタイプの人もいるんですね。

 

黒髪が最近ブームになりつつあり、芸能人の中にも黒髪の人が増えてきています。その理由は、単に男子ウケするとか流行とかではなく、実際、引き締まって顔が小さく見えて自分を美しく見せてくれるからです。脚を細く見せたいなら黒いタイツを履いた方が良いというのはよく知られていますし、黒い服はスリムでスタイリッシュな印象を与えますよね。このように黒髪も引き締め効果があると言えるのです。

 

また、髪が黒いことで肌とのコントラストが強くなり、肌も白く見えるようになりますし、髪と肌の境目が顔の輪郭として見えるようになるので、顔幅のコントロールが髪によってできるようになるのもメリットです。

 

黒髪の場合、前髪で顔の面積を小さくしておくことで顔が小さく見せることができます。パッツン前髪にすると、顔が小さく見える効果があるのですが、元々顔が面長だったり細いタイプの人がやると強調されすぎて不健康な感じになるので注意しましょう。また、元々エラが張っていたり下膨れしてしまうタイプの人は、ショートカットなどは厳禁で、顔のラインを作るためにできるだけセミロングなど輪郭作りができる長さにするようにしましょう。

 

髪は扱い方ひとつで顔の印象を大きく変えることができるもの。今まで適当に考えていた人も、髪型と顔の見え方について考えてみましょう。きっと、自分をより美しく見せるためのポイントが見つかると思いますよ。